赦し

あなたは赦されていますか?この重大な質問の答えに、あなたの永遠の未来がかかっているのです。聖書はこう教えています。「義人はいない。ひとりもいない。」(ローマ人への手紙3:10)同じ章の23節にはこう書いてあります。「すべての人は、罪を犯したので、神からの栄誉を受けることができず、」私達は罪の結果から救われたいのであれば、神の赦しを見つけなければいけません。いつか私達は裁きの場で主にお会いします。「私たちはみな、キリストのさばきの座に現われて、善であれ悪であれ、各自その肉体にあってした行為に応じて報いを受けることになるからです」(コリント人への手紙5:10)私達は永遠に直面しており、それゆえ私達が赦されているのかを知る事が非常に重要です。もし赦されていれば、私達は天国に受け入れられています。もし赦されていなければ、悪魔と悪霊たちと共に、地獄への判決を受けることになります。(マタイの福音書25:31-34, 41)

キリストの血による赦し

では、私達は魂の救いの為に何ができるでしょうか?私達は自分で自分を救う事はできませんが、神が私達の為に用意してくださった計画を受け入れる事ができます。この計画を理解する助けとなるのは、キリストが現れる前に神が彼の民であるイスラエル人に示した事です。神は彼らに動物を生贄として捧げるようにと命じました。生贄にされた小羊は、完全なる神の小羊イエス・キリストを示し、彼の血を流すことにより、全ての人々を罪から贖い出すということを意味していました。血が流されることは、人々に罪の重大さを理解させる助けになりました。エペソ人への手紙1:7には、「私たちは、この御子のうちにあって、御子の血による贖い、すなわち罪の赦しを受けているのです」と書かれています。

ご承知のように、あなたがたが先祖から伝わったむなしい生き方から贖い出されたのは、銀や金のような朽ちる物にはよらず、傷もなく汚れもない小羊のようなキリストの、尊い血によったのです。(ペテロの手紙第一1:18-19)私たちの赦しは、人間の罪のためにキリストが死に、その血が流されることによってもたらされるのです。(へブル人への手紙9:22)

全文を読む: 赦し

私達は罪の故に、永遠の死に値する存在ですが、イエス・キリストが愛と憐みの故に、私達の代わりに死んでくださいました。それにより、私達は赦しを受ける事ができ、私達の罪は覆われたのです。

赦さない事があなたを束縛する

私達がキリストの恵み深い赦しを経験すると、平安を得ます。この平安を持ち続けるためには、他者を赦す必要があります。キリストはマタイの福音書6:14-15でこう教えています。「もし人の罪を赦すなら、あなたがたの天の父もあなたがたを赦してくださいます。しかし、人を赦さないなら、あなたがたの父もあなたがたの罪をお赦しになりません。」

イエスは赦さない事の危険性を教えるためにこの話をしました。家来の支払い状況を確認した王の話です。王は自分に対して、何年分もの賃金に値するほど多額の借金をしている使用人に対して、彼の家族と持ち物を全て売り借金を返済するように求めました。そして使用人は王に憐みを乞い、王は彼の借金を帳消しにしてあげました。しかし、この使用人は自分に一日分の賃金ほどの、少額の借金をしている下部がいる事に気づき、彼に全額返済する事を求めました。そしてその部下は憐みをこいましたが、赦されませんでした。

王はこの話を聞き、彼の使用人を呼び、こう言いました。「私は、お前が憐みを求めた時に、赦しを与えたが、おまえもそのようにするべきではなかったのか?」そして王は使用人が借金を返済し終わるまで、刑務所に入れました。イエスはそしてこう続けました、私達が他人を赦さなければ、私達の天の父も私達の事を赦しません。(マタイの福音書18:23-25)

他人を憎み、恨みを抱き、苦みを抱くことは、沢山の悪い影響をもたらします。そのような態度を持ち続ける事を自分に許す人は、惨めな人生になります。そのような人は健康も損ない、人間関係も悪くなります。

他人を赦さないと、私達の魂が束縛されます。それは人々によって奴隷のように支配されることや、物質的な依存によって束縛されることに例えることができます。この赦さない態度は、私たちの内部に苦しみ、怒り、諍いを閉じ込めます。それによって、喜びや愛、交わりが追い出されます。この苦い思いは、明らかな悪や、実際の悪に対し、恨みを持ち続け、復讐を求める、高ぶりの霊のもたらす結果です。私達が傷つけられた思いを手放さなければ、それらは最終的に私達を支配します。私達はそれらに束縛され、神の前に罪に束縛された者となります。

無条件の赦し

イエスは、他人に対して赦しを与える唯一の方法は、イエスが私たちを赦す方法であると教えました。私たちは、私たちに対する攻撃の性質や重さ、攻撃の回数、攻撃者の性格に関係なく、赦しを与えるべきです。私たちは神が私たちに対して憐みを示されたように、無条件の憐みを示すべきです。私たちが自らを謙遜し、他人に対して赦しを与えると、神は私たちが自分自身の過ちや罪の赦しを求める道を開いてくださいます。神は、謙遜で悔い改めの心を持って神のもとに来る者を完全に赦します。

私達が聖霊に従うと、私達は真理を知り、真理は私達を自由にします。(ヨハネの福音書8:32)36節にはこう書いてあります。「ですから、もし子があなたがたを自由にするなら、あなたがたはほんとうに自由なのです」

「きょう、もし御声を聞くならば、心をかたくなにしてはならない。」(へブル人への手紙3:15)マタイの福音書の11:28でイエスはこう言っています。「わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。」私達がこれらの教えに従う時に、私達は赦され、他人を赦すことができるようになります。

神のもとに来る

問題は、どうやって神のもとに行くのでしょうか?聖書の中にその答えがあります。「わたしを遣わした父が引き寄せられないかぎり、だれもわたしのところに来ることはできません。」(ヨハネの福音書6:44)神は聖霊を通して、私達は罪人であり、救い主が必要であるということに気付かせてくれます。時に私達は、神の呼びかけを十分に理解していません。私たちは心の中にある空虚感や孤独感や、何かが必要だと思う感じや、私達は正しくない、と思う感じ、どこかで人生の道を間違えてしまい、人生の迷路の中にいると気づくかもしれません。

私たちの魂のこの不穏な感じに気づいたら、私たちは神に心を開き、行き先を神に示してくれるように求める必要があります。罪の重荷は非常に重くなり、過去の罪深い生活によって私たちの心は後悔します。神は私たちに真の悔い改めで生涯を彼に委ねることを望んでいます。神が私たちの砕けた悔い改めの心と、私たちが完全に神の御心を行う準備ができているのを見ると、彼は私たちの過去の罪深い生活を赦し、私たちに赦しと平安を与えてくれます。(詩篇34:18; 詩篇51:16-17)。私達は今とても幸せです。私たちはキリストが私たちの心にしてくれたことを他の人々と分かち合いたいと思います。

この自由は人間の理性から生まれるものではありません。これは聖霊の働きによって私たちの心を変え、新しい人生へと転換させるものです。この聖霊の力により、神に信頼する信仰が与えられ、自分の欲を手放し、他人を赦すことができます。コリント人への手紙第二5:17にはこう書いてあります、「だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました。」

聖書に書かれている赦しは美しいです。イエスの払われた犠牲に対する信仰と、神と神の御心への完全な明け渡しは、私達の罪悪感を心から取り除いてくれます。私達の罪は、イエス・キリストの血潮で完全に覆われています。神の与えてくださる赦しは、私達の過ちや傷を取り除いてくれます。神は私たちの罪を消し去り、忘れてくださいます。「わたしは彼らの不義にあわれみをかけ、もはや、彼らの罪を思い出さないからである。」(へブル人への手紙8:12)神が私たちの罪を赦し、私たちも他の人を赦すことができるとき、私たちは何と素晴らしい自由を体験できるでしょう。あなたも心と生活の中でこれを体験することができます。今日、主のもとに来てください。

お問い合わせ

小冊子を注文する

恐れからの解放

Free From Fear

恐れとは何でしょう?

神様への恐れ

将来への恐れ

失敗への恐れ

苦しみへの恐れ

死への恐れ

恐れとは何なのでしょうか?

恐れとは隠れた敵であり、すべての年齢、人種の、人生のあらゆる歩みを侵します。思考を毒し、心の平安を奪い、生きるための熱意を押しつぶします。恐れは苛立たせ、不安にし、恐れさせ、かき乱し、臆病にさせます。

私達は対立や変化、失敗、ストレスを恐れます。病気や苦しみを恐れる人もいます。愛している人から傷つけられる事を恐れている人もいます。他の人やその意見を恐れている人もいます。闇を恐れ、一人きりでいる事を恐れています。多くの人が死に知らない政界に直面することを恐れます。救いが約束されたものではないと恐れ、神様は罪を赦して下さらないと恐れるクリスチャンもいます。彼らは死ぬのを恐れるだけでなく、生きる事も恐れているのです。

恐れは私達の心にゆっくりと静かに入り込むのでその被害者になっている事にもほとんど気づきません。コップ一杯の水に一滴垂らしたような小さな恐れでさえ、すべての色を変えてしまうのです。この恐れの細い流れが止まらないと、他の考えに導く流れに横入りします。

全文を読む: 恐れからの解放

人生は複雑で、世界は暴力的ですが外側の問題で内側の平安を台無しにする必要はないのです。向き合わなければならない範囲の恐れしかありません。一番大切な必要がまだ満たされていないければそこに恐れが入りこみます。私達の魂は神様の似姿で作られ、神様を大いに必要としているのです。神様から離れている時、恐怖、コンプレックス、恐れが来るのは目に見えています。

サタンは私達の恐れを最大限に利用してきます。あらゆる機会でサタンは恐れを強め、より真実で論理的であるかのように見せます。救いの望みが全てなくなるまで、道はだんだん暗くなり、心は重く、重くなっていきます。

サタンは闇のなかで働きます。サタンは光の中では働けないのです、なぜなら「神様は光であって、神様のうちには暗いところが少しもない。」(第1ヨハネ 1:5)からです。サタンは私達の弱さを知っていて、そこに思考と恐れをもたらします。サタンは真理を破壊し、欺瞞で私達を混乱させようと目論んでいます。もし、私達が心と思いの闇でこれを覆い続けるなら、サタンは落胆や恐れの所業を続けるでしょう。しかし、サタンは打ち破ることができ、光に照らせば追い出すことが出来ます。

神への恐れ

罪は、自分の人生を神様は喜んでいないのでは、という意識からくる、抵抗できない恐れを引き起こします。サタンの提案に屈し、園の中にある木の実を食べてはならないという神様の命令にアダムとイブが背いた日はまさに悲劇でした。不従順を通して、彼らは罪を負い、神様の臨在から隠れたのです。その夜、神様は彼らを呼び、アダムは言いました。「私は庭で汝の声を聞いた、そして恐れた(創世記 3:10)アダムの世代を通して、全人類が罪の影に覆われました。もし、この神様の審判の恐れが罪から立ち返るために人を動かすなら、人生のなかでポジティブな強制力となり得ます。「主への恐れは知恵の始まりである。(詩篇 111:10)これは人がもつ適切な尊敬と畏怖です。私達は神様の偉大さ、義、審判、愛、恵み、知恵、永劫の一部を見ます。神様は全知、全能で常に臨在されます。私達の存在こそがすべて神様の手の中にあり、神様の創造物として神様の前にあるのです。その神様を怒らせることを恐れています。神様の義は罪の中で生きる人を地獄の火の判決を下すと知っています。「もし、私達が真理の知識を受けて後、ことさらに罪を犯し続けるならば、罪のためのいけにえは、もはや残されていません。ただ、さばきと、逆らう人達を焼き尽くす激しい火とを、恐れながら待つよりほかはないのです。」(へブル10:26-27) この知識は罪への恐れをもたらします。神様への立ち返り、赦し、従順、奉仕を通して個人的な友としての神様を知っていくうちに、敬虔な畏れ、愛、言葉で言い表せない救いの贈り物が神様に仕える動機となります。「愛には恐れがありません、全き愛は恐れを締め出します。なぜなら恐れには刑罰が伴っているからです。恐れる者の愛は、全きものとなっているからです。恐れる者の愛は、全きものとなっていないのです。(第1ヨハネ4:18)」私達の神様への畏れは心に襲いかかる恐怖ではなく、神様への愛を深めるものです。人生に完全に適用する時、すべてを乗り越えることができる恐れです。なぜ、それなら多くの人が恐れの雲に心をつかまれ、心をざわつかせ、人生の道に陰を落とすのでしょうか?神様の道は平安と信頼です。

あるところに暗い夜に1人きりで歩くのが怖い少年がいました、しかしお父さんが彼の隣を歩き、手をつないでくれるとすべての恐れが消えました。今ではその暗さに恐れはありません、彼はお父さんを愛し、信じていて、お父さんが守ってくれる事を知っているからです。恐れから解放されるカギはこれです:天国のお父さんをよく知るために学ぶことです。神様を知るようになると、神様の手に手を重ね、神様を完全に信頼することが出来ます。心を悩ます問題、絶望に導く人生の悲しみをつつましく神様に話します。

イエス様がガリラヤ湖の荒波の上を使徒ペテロに命じた例があります。ペテロは神様から目をそらすまで恐れていませんでしたが、恐ろしい波を見始めて、ペテロは沈み始めました。(マタイ 14:24-31)恐れからの解放を求め、神様に信頼を置く時、聖霊様がとても小さな声で私達に語りかけます。恐れよりも神様を見る時、その嵐は穏やかになるのです。そうすると神様は私達のややこしい問題に答え、疑いを確信に変え、慰めるように手を取ってくれるのです。神様の好意により、大きなダメージを与える恐れの影響を克服する事ができるのです。

将来の恐れ

謎につつまれた未知の将来は人を不安にさせます。毎朝、予測不能の一日に目覚め、想像上の恐怖の闇の道を駆け抜けながら、しつこく苦しめる“もしも”に直面するのです。「何も思い煩わないで、あらゆる場合に、感謝を持ってささげる祈りと願いによって、あなたがたの願い事を神様に知っていただきなさい。(ピリピ4:6)」神様の手に置いて将来を信じる事で、神様に未知の心配を任せる事ができます。やってみて下さい。

人生の導きが足りない事でたくさんの人が将来を恐れています。どこに行くかを知らないために、良くない事が起こる予感があるのです。神様は次に何が待ち受けているかを知っていて、神様に導いてもらう時、目的のない旅ではなく、むしろ家に戻る旅になるのです。

神様は未知の未来に直面したとしても、神様を信じる者には誠実であることを約束しました。あなたはそれを信じますか?この嵐、夜の闇、山の高さが厳しくても、神様があなたを通り抜けさせてくれるでしょう。

失敗の恐れ

私達は成し遂げたいと思っていながら、自分が、家族が、人生自体が失敗だと恐れています。間違った選択をし、間違った計画を行う事を恐れています。

神様はヨシュアに命じました。「強くあれ。雄々しくあれ。恐れてはならない。おののいてはならない。あなたの神、主が、あなたの行く所どこにでも、あなたとともにあるからである。」(ヨシュア1:9)私達の人生をマスターの指揮の元に置けば、過去の失敗は失敗のままである必要はなく、成功のための踏み石となるのです。

苦しみの恐れ

肉体の苦しみ、批判の痛み、孤独や悲しみの痛みを考えると畏縮します。神様はすべての苦しみから私達を守ってくれませんが、神様はその苦しみに耐える好意を与えてくれます。困難の中に平安と確信を約束しました。「神はわれらの避け所、また力。苦しむとき、そこにある助け。それゆえ、われらは恐れない。」(詩篇46:1-2)もし、主を愛するなら、主は苦しみを益としてくれます。苦しみは神様の臨在と力を確認する機会を与えてくれます。

死の恐れ

死の恐れは人類にとって非常に共通しています。さよならを言う事はとても痛みを伴う課題です。

昔からある疑問に向き合う必要があります。「人が死ぬと、生き返るでしょうか。」(ヨブ14:14) イエス様は死の恐怖から私たちを解放する為に来ました。(ヘブル2:14-15)そのためにイエス様は死んで、蘇り、だからイエス様は「わたしが生きるので、あなたがたも生きる」(ヨハネの福音書14:19)と約束されたのです。イエス様と共にいて、死は無へのドアではなく、新しいいのちへの輝くゲートウェイです。「あなたがたは心を騒がしてはなりません。わたしの父の家には、住まいがたくさんあります。わたしが行ってあながたに場所を備えます。(ヨハネ14:1-2)」備えられた人のための、備えられた場所になるでしょう。

あなたは準備が出来ていますか?罪の生活を悔い改めましたか。悔い改めは過去の罪への自責の念をもたらし、古い生活を拒否します。祈りで主のもとに来て、気がかり、心配、恐れを主にあずけたのはいつが最後ですか?神様は言います。「すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。」(マタイ 11:28)なんという招きでしょう。なんという約束でしょう。

信念、祈り、希望に満ちて『来なさい』、そうすれば心に平安を抱くでしょう。

『来なさい』そうすれば、落ち着いた生活の穏やかな喜びを知るでしょう。神様はイエスキリストを信じ、あなたを自由に、恐れから自由にしようと招いています。『来なさい!』

お問い合わせ

小冊子を注文する

神様はいるのか?

Is There a God

神様はいるのか?全宇宙の支配者や超越した存在はいるのか?この問いへの答えは最も重要なものです。なぜならもし、神がいるとして、それをずっと無視していたとすれば、その結果はどんなものでしょう?

答えを求め探している問いがあります。なぜ私はここにいるのか?私はどこから来たのか?死の後はどうなるのか?私の人生の目的は何か?自分の存在には何か理由があるはずだ。

何年もの間、人は自分より大きな何か、誰かをあがめずにはいられないと感じてきました。古代文明には太陽神、月の神、雷神など多くの神がいました。ヨーロッパ人がアメリカ原住民を発見した時、彼らはグレートスピリットを崇めていました。古代ユダヤ国家ではこの地球の創造主であるヤハウェを崇めていました。誰しもに大きな力と繋がる事を求める何かがある事は明らかです。

全文を読む: 神様はいるのか?

自然の調和と均衡はどのように説明できるのか?地上にも水中にもある終わりのない食物連鎖を考えてみても、ある動物は他の動物の糧となり、そしてその動物もまた他の動物に食べられる。この循環はずっと巡り、いつも他の動物のための食べ物がある。

誰が野鳥の頭にカレンダーを仕込んでいつ温かい気候の場所に移るのか分かるのでしょうか?何千マイルも離れた土地からどうやって春がまたやってきたと分かるのでしょうか?それは本能だという人がいるかもしれませんが、では誰がその本能を与えたのでしょうか?

海の魚を考えてみて下さい。鮭が育った海を出て、新たに命が始まる川の流れを見つけるための地図を誰がその脳に入れたのでしょうか?そこで卵を産んですぐに死に、子孫がその先祖と同じ順序を辿ることが出来るように生命の環に場所を作るのです。これらすべてがただ偶然に起きたと本当に思いますか?

私たちは地球と他の色々な星や惑星の回転に従って時計を設定したほど宇宙が秩序正しいものだと知っています。この物体の動きは非常に精密で日食、月食や流星の通過を正確に予想することが出来るほどです。誰が、何がこの宇宙の正確な動きのリズムを造ったのでしょうか?数ある有害な環境の天体の中で地球だけが動植物に必要な要素の組み合わせを持っているのはただの偶然でしょうか?マスタープランがあるはずです!

宇宙、自然、私たちの身体の設計や、一人一人の内的な必要は偉大なる天の神により規則正しく備えられました。過去にも現在にも、いかなる有限の命を持つ人でこのような力を持った人はいません。神様の計画の正確さと精密さは、どれだけ神様が人とその幸せに関心を持っているか表しています。

信仰は見えないものを信じることです。神様を見る事はできませんが、神様の存在を示すものはそこら中にあります。神様は私たちに見えないようにされ、むしろ明らかな証拠によってその存在を受け入れるようにされました。私たちがその存在を受け入れた時に神様は私たちに現れるのです。

神様の存在を証明するものでも最も説得力のあるものは、神様を親しく知った人の人生の中に起きる変化です。ライオンのような気質だった人が羊のようになる。憎しみが愛に変わり、争いが平和に変わり、騒ぎが静かな安らぎに変わり、終わりのない問いが確信に変わり、自己中心的な人が人を思いやる人になる。

読者の皆さんは内側に不安を感じたり、何かを求めているけど、何か分からないと感じていますか?その思いをもみ消したり、隠そうとしないでください。それはあなたの魂が神様を探し求めているのです。この地を造った神様をあなたの神様とすることが出来ます。信仰を持ち、天の神様を信じればあなたの人生も変わります。人生の苦しい境遇に腹を立てるのではなく、神様が見ていて、聞いていて、気にかけているという真実に休まることが出来ます。

神様はその言葉である聖書によってご自分を表されます。聖書は歴史であり、預言であり、人生の取扱説明書です。しかし同時に、神様の私たちへの愛でもあり、魂の内なる必要に導きを与えてくれます。聖書を読んでみてください。創世記1:1とヨハネ1:1-5から始めてみて下さい。詩編23編と51編を読んでみて、神様に祈りましょう。神様はあなたの声聞くと約束しています。

お問い合わせ

小冊子を注文する