ハッピーホーム

A Happy Home

愛しの我が家

聖書には美しいデザイン、堅固な構造、快適な雰囲気の家の設計図があります。家庭とは調和と満たしの場所にも緊張と争いの場所にもなり得ます。あなたの家は幸せで、力強く、人生の嵐にも耐えることが出来ますか?

家庭とは重要な社会的単位です。家族は霊的成長、感情的幸福、身体的満足の為に神によって定められたものです。いつでも、家族が互いに幸せをもたらし、調和をもって生きるというのが神様の計画です。

なぜ不幸せな家庭があるのか?

では、なぜ多くの家庭が不幸せなのか?なぜ不和や別離、離婚などで崩壊しているのでしょう?それは神様の模範的な形を無視しているからです。御言葉の中に幸せな家庭を築くのに必要な材料が記されています。御言葉に従って建てられた家は互いへの愛、信頼、相互利益そして献身的な奉仕の場所となるのです。そのような家は人生に幸福をもたらし、コミュニティーや国を守ってくれます。大建築家である神様の計画に従っていますか?「主が家を建てられるのでなければ、建てる者の勤労はむなしい。」(詩編127:1)

若い時に据える土台は将来の家のためにあるのです。神様の前に清い人生というのは結婚の準備において大事な材料です。結婚前の罪深さは道徳観を侵食し、将来の過程を危険に曝します。若い時の自己中心と自己満足は結婚に大惨事をもたらす生き方のパターンを形成します。高い離婚率がこれを事実と証明しています。その前にこの罪を徹底的に悔い改めればキリストに合って新しい命を与えられます。そうすれば過去は過ぎ去り神様が祝福と共に来てくださいます。

家庭は男と女が結婚により結び合わされて始まります。聖書は、結婚は「主にあってのみ」と言っています。(第一コリント7:39)これは男性も女性も主に人生と意志を捧げたという意味です。神様が一番であるべきです。男性か女性、もしくはどちらも自己中心的だったら、互いの幸せの土台はどこに据えるのでしょう?

主にあって結ばれる

「主にあって」結ばれるとは男性も女性もクリスチャンであるというだけではなく、主がそれぞれに導かれるという事です。情熱、見た目の魅力やロマンスは結婚においては不十分なスタートです。これがお互いを惹きつける土台になっていれば、結婚後に苛立ちや衝突が起きるでしょう。主に選択を導いてもらうように信頼する中で、神様の聖なる知恵が現在だけではなく、何年も先の将来において必要な助け手を予見してくださいます。よりバランスの取れた夫婦とするために、お互いを補い合うような、自分とは違うタイプや性格の人を主は選ぶかもしれません。「ふたりの者は一体となるべきである」(マルコ10:8)

結婚は一生の絆であるべきであり、単なる法的な契約であってはならないのです。「だから、神が合わせられたものを、人は離してはならない」(マタイ19:6)

神の秩序

家庭とはそれ単体で一つの小さなコミュニティーであり、あらゆる社会単位と同じように責任の範囲というものが必要です。神様はこの命令の概要を聖書で与えています。これは従えば家庭に秩序と幸せをもたらす権威体制です。一番大きな責任は夫に課せられ、その次に妻、そして子供の順番です。(第一コリント11:3、エペソ5:22-24を参照)神様は原則を定め、裁可して、神聖なものとします。その定めに対する不従順はそれなりの不幸を引き寄せます。一方で、従順なものに神様は敬虔さ、幸福と恵みを祝福します。

結婚において夫と妻はそれぞれに責任と義務をもつ一つの組織を始めます。家庭を完成させるために、それぞれの異なる機能や才能を合わせ夫婦のどちらも必要なのです。誰かが先導を着る必要があり、神様はその役割を男性に任せられました。「5:23 キリストが教会の頭であり、自らその体の救い主であるように、夫は妻の頭だからです。」(エペソ5:23)その愛は自己犠牲の精神となり、夫が妻を「自分のからだのように」(エペソ5:28)扱うことが出来るのは思いやるあいなのです。愛のある夫であれば自分の妻を自分より劣っているとは思いません。夫はむしろ妻への愛により彼女を信頼し、相談し真のパートナーとします。

「同じように、妻たちよ、自分の夫に従いなさい。」(第一ペテロ3:1)妻が家庭で夫のリーダーシップに従い、夫がキリストに忠実に従えば、その家は平安と満たしのある天国となります。エペソ5:33には「妻もまた夫を敬いなさい。」と書いてあります。この原則に対する反逆は今日の家庭すでに多くの不幸をもたらしました。この原則からそれると、家族の人生に争いをもたらすだけでなく、妻の心に霊的な争いをもたらします。

子どもの場所

子どもは純粋無垢であると考えがちですが、みんな罪深い性質を持って生まれます。子供が成長するにつれその自己中心的な性質は徐々に明らかになってきます。この傾向を親が躾けなければ、自分と周りの人に不幸をもたらします。

子どもの務めは親に従う事です。「子たちは、主にあって両親に従いなさい。それは正しいことです。」(エペソ6:1)この従順の完ぺきな模範はイエス様の子供時代に見ることが出来ます。「それからイエスは両親と一緒にナザレに下って行き、彼らにお仕えになった。」(ルカ2:51)従順の原則が家庭で実践され慣習となれば、親も子供も幸せになり家庭はより良い場所になります。

神様の定めを守れば親は子供のために生き、子供は親の為にそして神様の為に生きるようになります。そのような家はコミュニティーの祝福となり、国を良くします。

多くの若者は薬、流行、ファッションやエンターテインメントの世界に巻き込まれています。価値観や道徳を捨て去る高速社会に囚われているのです。昔はこれによってコミュニティーは誠実さと安定を保っていました。安全で幸せな家庭の不在は、不安で満たされない少年時代の根本的な原因でしょうか?どうすれば良いでしょう?あなたとあなたの神様に忠実な心による家族づくりをしたことがありますか?

キリストの土台

強く幸せな家庭を築きたいのであれば、イエス・キリストを土台しなければなりません。雨が降り、嵐に襲われるかもしれませんが、キリスト共にあれば倒れることはありません。イエス様は、この残酷で非情な世界で、栄える幸せな家庭を築くための方向を示し、力と勇気を与えてくれます。イエス様は家庭を愛する方で、引っ越してくる準備が出来ています。イエス様は「見よ、わたしは戸の外に立って、たたいている。」(黙示録3:20)と言っています。イエス様はまず私たちの心のドアを叩きます、それから家のドアを叩くのです。イエス様を迎え入れますか?

幸せな家庭は心から始まるのです。心に平安がなければ、家庭で本物の平安を得ることはできません。神様に信頼を置けば、自分の日常の苛立ちや不満に対して日々勝利することが出来ます。「あなたは全き平安をもって/こころざしの堅固なものを守られる。彼はあなたに信頼しているからである。」(イザヤ26:3)

敬虔な家族は一緒に心のため、家族のため、そしてコミュニティーの必要の為に祈り、祈りは家族を繋ぎ合わせるのです。「共に祈る家族は、共にあり続ける。」という、ことわざがあります。

あなたの人生と家族にある神様の計画を信じ受け入れてください。救い主に心の扉を開いてください。「今日、あなたたちが神の声を聞くなら、心をかたくなにしてはならない。」(ヘブル3:7-8)主はあなたの心と家を祝福する時を待っています。心を尽くして神様に向き直り、忠実でいてください。神様は永遠に幸せと完ぺきな平安が迎えいれてくれる天の家の扉をいつの日か開いてくださいます。

キリスト教―ってなに?

Cross of Christ

キリスト教は神様、神の子イエス・キリストと神の御言葉である聖書により成り立ち、クリスチャンとは聖書を信じイエス・キリストの教えに従って生きる人の事です。この生き方はこの地で平安と満たしを与え、天の家に入るために備えてくれます。

父なる神

聖書はいつも、いつまでもいるたった一つの神様がいると教えています。神様は全てを知っていて、その知恵と知識は限りありません。聖書には箴言15:3にこう記してあります。「主の目はどこにでもあって、悪人と善人とを見張っている。」神様はどこにでも存在していて、世界中のすべての人に同時に完全に意識を集中することが出来ます。いつでもどこでも神様に祈ることが出来るのです。神様は私たちの祈りを聞いて、最善を知っている神様は祈りに応えてくれます。神様は一つですが、父なる神、御子なる神、聖霊なる神の三つの位格により表されます。三つはそれぞれ異なりながら、一つの神として調和し共に働かれます。

人の創造と堕落

神様はこの世界とその中にあるすべてを造られました。5日で太陽、月、星々、地球、水、鳥や魚。6日目に神様は地上の全ての動物を造り、そして神様は人をその似姿に造られました。人は神様の創造物の冠であり、神様の愛の現れなのです。神様は最初の人、アダムを純粋で罪のないものとして造られました。神様は人に自身の選択で仕えて欲しかったのです。神様はアダムとその妻イブに一つの単純な戒めを与えましたが、彼らはそれに従いませんでした。罪により彼らは神様から切り離され、彼らの不従順により全ての人は罪と死の呪いの下に堕ちました。神様だけが人を贖う事が出来る方です。その愛の故に「神はそのひとり子を賜わったほどに、この世を愛して下さった。それは御子を信じる者がひとりも滅びないで、永遠の命を得るためである。 」(ヨハネによる福音書 3:16)

御子なる神

イエス・キリストは神の子です。赤子としてこの世に来て、聖霊の力によって処女から産まれました。イエス様は私たちと同じように悪魔から色々な方法で誘惑を受けましたが、決して罪を犯しませんでした。イエス様は善行をし、沢山の人の病気を癒しました。イエス様は天の父の愛と救いについて教えられました。この地に来られた目的は、この世のすべての罪の為の犠牲としてご自身を捧げるためでした。罪と自己中心に対して説かれ、宗教的指導者たちはイエス様に腹を立て、政府の権威者に引き渡し、その者によりイエス様は十字架に掛けられました。イエス様が十字架の上で死なれてから、弟子たちはその遺体を墓の中に入れました。そして三日後、神様の力により、イエス様は死から蘇られたのです。イエス様は従う者たちにどのように神の御国を建て上げるか教えられた後に、天にお戻りになられました。

聖霊なる神

聖霊様は神格の第三の位格です。聖霊様は人に神の御心を表し、偶像礼拝や罪深い行いをする人を咎めて下さいます。自分の罪の償いとしてイエス・キリストの犠牲を受け入れるように招いてくださいます。主イエス・キリストを信じる者に、神様は聖霊様を授けてくださいます。人生すべての困難においてカウンセラーであり、すべての苦難において慰めです。人の不義を咎め、全ての真理に導いて下さいます。

聖書

聖書は神様の言葉であり、神様から人へのメッセージです。人の手による本ではなく、古の聖なる人が聖霊様の霊感により書いたものです。聖書にはこの世と人の創造を記録してあり、私達みなが罪を犯し、その罪により神様と離れたことを教えてくれます。罪の束縛から誰でも自由になることが出来る贖いの道を教えてくれます。聖書はどのように敬虔な人生を生き、永遠に備えるかを教えてくれます。

クリスチャンライフを生きる

クリスチャンになるには私たちの罪深さに気づかなければいけません。自分の罪を告白し、主イエス・キリストを救い主として受け入れなければなりません。神様に人生を捧げると、神様は聖霊で私たちを満たしてくれます。聖霊の力が内に宿り人を愛し許すことが出来ます。クリスチャンは心を聖く保ち、正直で誠実であろうと励みます。私たちが失敗した時は、聖書はこのように約束しています。「もし、私たちが自分の罪を言い表わすなら、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、すべての悪から私たちをきよめてくださいます。」(第一ヨハネ1:9)。

死後の世界

聖書は魂の二つの永遠の運命、天国と地獄について教えています。私たちが死ぬとき、魂は神様の最後の審判を待つために肉体を離れます。救われた人は審判の時に天国へ招かれます。神様を拒絶した人は皆地獄へと送られます。そこはサタンとその使いのために造られた燃え盛る炎の底なしの穴です。進んで罪の中で生きてなくても、イエス様の声に従わなかった人は誰でも、希望なく永遠に焼き尽くされるのです。

天国は神様が住まわれる場所です。神様が造られた、完全な平和と安らぎのもっとも美しい場所です。天国ではもう悲しみも痛みも、飢えも乾きもありません。罪を捨てイエス様を救い主として受け入れた全ての人の家です。そこでは救われた人が永遠に神様を誉め歌うのです。

神様はいるのか?

Is There a God

神様はいるのか?全宇宙の支配者や超越した存在はいるのか?この問いへの答えは最も重要なものです。なぜならもし、神がいるとして、それをずっと無視していたとすれば、その結果はどんなものでしょう?

答えを求め探している問いがあります。なぜ私はここにいるのか?私はどこから来たのか?死の後はどうなるのか?私の人生の目的は何か?自分の存在には何か理由があるはずだ。

何年もの間、人は自分より大きな何か、誰かをあがめずにはいられないと感じてきました。古代文明には太陽神、月の神、雷神など多くの神がいました。ヨーロッパ人がアメリカ原住民を発見した時、彼らはグレートスピリットを崇めていました。古代ユダヤ国家ではこの地球の創造主であるヤハウェを崇めていました。誰しもに大きな力と繋がる事を求める何かがある事は明らかです。

自然の調和と均衡はどのように説明できるのか?地上にも水中にもある終わりのない食物連鎖を考えてみても、ある動物は他の動物の糧となり、そしてその動物もまた他の動物に食べられる。この循環はずっと巡り、いつも他の動物のための食べ物がある。

誰が野鳥の頭にカレンダーを仕込んでいつ温かい気候の場所に移るのか分かるのでしょうか?何千マイルも離れた土地からどうやって春がまたやってきたと分かるのでしょうか?それは本能だという人がいるかもしれませんが、では誰がその本能を与えたのでしょうか?

海の魚を考えてみて下さい。鮭が育った海を出て、新たに命が始まる川の流れを見つけるための地図を誰がその脳に入れたのでしょうか?そこで卵を産んですぐに死に、子孫がその先祖と同じ順序を辿ることが出来るように生命の環に場所を作るのです。これらすべてがただ偶然に起きたと本当に思いますか?

私たちは地球と他の色々な星や惑星の回転に従って時計を設定したほど宇宙が秩序正しいものだと知っています。この物体の動きは非常に精密で日食、月食や流星の通過を正確に予想することが出来るほどです。誰が、何がこの宇宙の正確な動きのリズムを造ったのでしょうか?数ある有害な環境の天体の中で地球だけが動植物に必要な要素の組み合わせを持っているのはただの偶然でしょうか?マスタープランがあるはずです!

宇宙、自然、私たちの身体の設計や、一人一人の内的な必要は偉大なる天の神により規則正しく備えられました。過去にも現在にも、いかなる有限の命を持つ人でこのような力を持った人はいません。神様の計画の正確さと精密さは、どれだけ神様が人とその幸せに関心を持っているか表しています。

信仰は見えないものを信じることです。神様を見る事はできませんが、神様の存在を示すものはそこら中にあります。神様は私たちに見えないようにされ、むしろ明らかな証拠によってその存在を受け入れるようにされました。私たちがその存在を受け入れた時に神様は私たちに現れるのです。

神様の存在を証明するものでも最も説得力のあるものは、神様を親しく知った人の人生の中に起きる変化です。ライオンのような気質だった人が羊のようになる。憎しみが愛に変わり、争いが平和に変わり、騒ぎが静かな安らぎに変わり、終わりのない問いが確信に変わり、自己中心的な人が人を思いやる人になる。

読者の皆さんは内側に不安を感じたり、何かを求めているけど、何か分からないと感じていますか?その思いをもみ消したり、隠そうとしないでください。それはあなたの魂が神様を探し求めているのです。この地を造った神様をあなたの神様とすることが出来ます。信仰を持ち、天の神様を信じればあなたの人生も変わります。人生の苦しい境遇に腹を立てるのではなく、神様が見ていて、聞いていて、気にかけているという真実に休まることが出来ます。

神様はその言葉である聖書によってご自分を表されます。聖書は歴史であり、預言であり、人生の取扱説明書です。しかし同時に、神様の私たちへの愛でもあり、魂の内なる必要に導きを与えてくれます。聖書を読んでみてください。創世記1:1とヨハネ1:1-5から始めてみて下さい。詩編23編と51編を読んでみて、神様に祈りましょう。神様はあなたの声聞くと約束しています。