荒れ果てた世界で安らぎを得る

Peace

「平安、平安はどこにあるのか?この国に、私の家に、なによりも私の心と思いに?」このどうしようもない悲鳴は何年も聞かれてきました。これはあなたの心の悲鳴でもありませんか?

人々は弱りはて、心配で一杯です。間違いなく導きと助言、安心と確信が必要とされています。安らぎが必要であり、求めているのです。

安らぎ、なんという宝でしょう!この宝物は争いと絶望、騒ぎと苦しみに溢れた世界で見つけることが出来るのでしょうか?

全文を読む: 荒れ果てた世界で安らぎを得る

偉大なる探索を始めましょう!多くの人が名誉や財産、快楽や権力、教養や知識、人間関係や結婚に平安を求めています。頭を知識で満たし、財布を富で満たそうとしても、魂は空っぽのまま。あるいは薬やお酒で現実の人生から逃げようとしますが、求めた平安は手に入りません。まだ空っぽで孤独で、荒れた果てた心で荒れ果てた世界に生きています。

混乱にある人

神様は人を造り、完ぺきな平安、喜び、幸せを楽しむために美しい園に置きました。しかしアダムとエバが神様に逆らった時、罪悪感に襲われました。前は神様と共にいたいと願っていたのに、それから端によって神様から隠れました。それまで知っていた平安と幸せに代わって罪悪感と恐れがやってきました。人の罪が荒れ果てた世界の始まりであり、荒れ果てた心の始まりです。

魂が神様を願い求めていても、私たちの罪深い性質は神様の道に反します。内なる葛藤が緊張と苦痛をもたらします。アダムとエバのように自分の願望や野心で自己中心になると、不安になり苛立ちます。自分に焦点を当てれば当てるほど、苦しくなるのです。人生の不確定さと移り変わり、腐敗する世界によって安心が揺らぎ、平安が乱されてしまいます。

自分では気づかなかったり認めたことはないかもしれませんが、罪があなたの不安の原因であるかもしれません。多くの人が安らぎを求めて外側や物質的なものに求め、荒れた心を荒れた世界のせいにしますが、自分自身の心の中を見ていないのです。

イエス・キリスト、平和の君

自分を造り、理解してくれる方と人生のすべての面での調和しなければ、平安を得ることはできません。これはキリストへの完全な服従によってのみ可能です。イエス様はこの世の主であるだけでなく、私たちの人生の初めから終わりまで知っておられます。「闇と死の陰にあるものを照らし、われらの足を平和の道へと導」くために(ルカ1:79)この世に来られた時、私たちの事を思っていたのです。

イエス様は暗闇に光を、争いに平和を、悲しみに喜びを、絶望に希望を、死に命を与えます。ヨハネの福音書14章27節でイエス様は「わたしは、あなたがたに平安を残します。わたしは、あなたがたにわたしの平安を与えます。…あなたがたは心を騒がしてはなりません。恐れてはなりません。」とおっしゃっています

悔い改めが安らぎをもたらす

罪の重荷が圧し掛かっているのを感じる時、解決策は「あなたがたの罪をぬぐい去っていただくために、悔い改めて、神に立ち返」ることです(使徒3:19)。イエス様はこの最も意義ある、人生を変える体験にあなたを招いています。「すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。」(マタイ11:28)第一ヨハネの手紙1章9節にはこのように約束されています、「もし、私たちが自分の罪を言い表わすなら、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、すべての悪から私たちをきよめてくださいます。」あなたはイエス様の招待に応えますか?

イエス様も下に来るとき、そこには赦しと自由があります。憤りと許さない心に代わって、心に愛と憐みが満ちるのです。イエス様が支配した心であれば、敵を愛することもできます。これはキリストの贖いの血の力によって可能なのです。

お問い合わせ

小冊子を注文する

あなたの友達

イエスはあなたの友達

イエスはあなたの友です

私には友達がいます。彼は今までにできた友達の中で1番の親友です。あなたにも私の友達の事を知って欲しいです、とても優しくて真実な人です。彼の名前はイエスと言います。イエスはあなたとも友達になることを望んでいます。

彼のことを紹介させてください。私達は聖書の中でこの話を読みました。聖書は真実な神様の言葉です。 神様は世界を創造し、その中の全てのものを作られた唯一のお方です。神様は天国と地球を支配しておられます。神様は全ての生きているものに命を与えました。

神の創造 

全文を読む: あなたの友達

イエスは神様の子供です。神様はイエスを天国から私たちの救い主としてこの地上に送って下さいました。神様はあなたと私をとても愛していたので、一人子であるイエスを全ての人の罪の身代わりとなり死ぬために送ってくださいました。誰でもこの方を信じる人は決して滅びることなく永遠の命を得る(ヨハネ3:16)

イエスは小さな赤ちゃんとしてこの地上に来ました。イエスの地上での父と母は、ヨセフとマリヤでした。イエスは馬小屋で産まれ、飼い葉おけに寝かされました。

イエスの誕生

イエスはヨセフとマリヤに育てられ、彼らに従いました。一緒に遊ぶ兄弟姉妹もいました。そしてお父さんの大工仕事の手伝いもしました。

イエス・キリストと魚の子

イエスは大人になると天の父である神様の事をみんなに伝えるました。神様がみんなを愛していることを教え、病人を癒し、問題のを抱えている人を慰めてあげました。イエスは子供たちが近くに来るのを喜びました。そして子供たちもイエスが大好きで、イエスと一緒にいるのが大好きでした。

イエスを愛していない人もいました。彼らはイエスに妬みをいだいて嫌っていました、あまりにも嫌いで殺したいほどでした。ある恐ろしい日に、彼らはイエスを十字架にはりつけにして殺しました。イエスは何も悪いことをしていないのに。イエスは私たちがした悪いことの為に死ぬ必要があったのです。

十字架上のイエス

でもこの話はイエスが死んで終わりません。神様がイエスを死からよみがえらせました。イエスに従っていた人たちはよみがえったイエスを見ました。そして、ある日イエスは天に戻って行かれました。

今日イエスはあなたに会うことができ、あなたの声を聴くことができます。イエスはあなたの全てを知っていて、あなたの事を想っています。祈りでイエスの前に来てください。イエスにあなたの問題を全部打ち明けてください。イエスはあなたをいつも助けることができます。あなたは神様にいつでもどこからでも話しかけることができます。

いつかイエスは戻ってきます!そしてイエスを信じるすべての人を天国の家へ連れて行ってくれます。

イエス・キリストを聞いて祈る

 

( japanese 日本語 )

お問い合わせ

小冊子を注文する

キリスト教―ってなに?

Cross of Christ

キリスト教は神様、神の子イエス・キリストと神の御言葉である聖書により成り立ち、クリスチャンとは聖書を信じイエス・キリストの教えに従って生きる人の事です。この生き方はこの地で平安と満たしを与え、天の家に入るために備えてくれます。

父なる神

聖書はいつも、いつまでもいるたった一つの神様がいると教えています。神様は全てを知っていて、その知恵と知識は限りありません。聖書には箴言15:3にこう記してあります。「主の目はどこにでもあって、悪人と善人とを見張っている。」神様はどこにでも存在していて、世界中のすべての人に同時に完全に意識を集中することが出来ます。いつでもどこでも神様に祈ることが出来るのです。神様は私たちの祈りを聞いて、最善を知っている神様は祈りに応えてくれます。神様は一つですが、父なる神、御子なる神、聖霊なる神の三つの位格により表されます。三つはそれぞれ異なりながら、一つの神として調和し共に働かれます。

人の創造と堕落

神様はこの世界とその中にあるすべてを造られました。5日で太陽、月、星々、地球、水、鳥や魚。6日目に神様は地上の全ての動物を造り、そして神様は人をその似姿に造られました。人は神様の創造物の冠であり、神様の愛の現れなのです。神様は最初の人、アダムを純粋で罪のないものとして造られました。神様は人に自身の選択で仕えて欲しかったのです。神様はアダムとその妻イブに一つの単純な戒めを与えましたが、彼らはそれに従いませんでした。罪により彼らは神様から切り離され、彼らの不従順により全ての人は罪と死の呪いの下に堕ちました。神様だけが人を贖う事が出来る方です。その愛の故に「神はそのひとり子を賜わったほどに、この世を愛して下さった。それは御子を信じる者がひとりも滅びないで、永遠の命を得るためである。 」(ヨハネによる福音書 3:16)

御子なる神

全文を読む: キリスト教―ってなに?

イエス・キリストは神の子です。赤子としてこの世に来て、聖霊の力によって処女から産まれました。イエス様は私たちと同じように悪魔から色々な方法で誘惑を受けましたが、決して罪を犯しませんでした。イエス様は善行をし、沢山の人の病気を癒しました。イエス様は天の父の愛と救いについて教えられました。この地に来られた目的は、この世のすべての罪の為の犠牲としてご自身を捧げるためでした。罪と自己中心に対して説かれ、宗教的指導者たちはイエス様に腹を立て、政府の権威者に引き渡し、その者によりイエス様は十字架に掛けられました。イエス様が十字架の上で死なれてから、弟子たちはその遺体を墓の中に入れました。そして三日後、神様の力により、イエス様は死から蘇られたのです。イエス様は従う者たちにどのように神の御国を建て上げるか教えられた後に、天にお戻りになられました。

聖霊なる神

聖霊様は神格の第三の位格です。聖霊様は人に神の御心を表し、偶像礼拝や罪深い行いをする人を咎めて下さいます。自分の罪の償いとしてイエス・キリストの犠牲を受け入れるように招いてくださいます。主イエス・キリストを信じる者に、神様は聖霊様を授けてくださいます。人生すべての困難においてカウンセラーであり、すべての苦難において慰めです。人の不義を咎め、全ての真理に導いて下さいます。

聖書

聖書は神様の言葉であり、神様から人へのメッセージです。人の手による本ではなく、古の聖なる人が聖霊様の霊感により書いたものです。聖書にはこの世と人の創造を記録してあり、私達みなが罪を犯し、その罪により神様と離れたことを教えてくれます。罪の束縛から誰でも自由になることが出来る贖いの道を教えてくれます。聖書はどのように敬虔な人生を生き、永遠に備えるかを教えてくれます。

クリスチャンライフを生きる

クリスチャンになるには私たちの罪深さに気づかなければいけません。自分の罪を告白し、主イエス・キリストを救い主として受け入れなければなりません。神様に人生を捧げると、神様は聖霊で私たちを満たしてくれます。聖霊の力が内に宿り人を愛し許すことが出来ます。クリスチャンは心を聖く保ち、正直で誠実であろうと励みます。私たちが失敗した時は、聖書はこのように約束しています。「もし、私たちが自分の罪を言い表わすなら、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、すべての悪から私たちをきよめてくださいます。」(第一ヨハネ1:9)。

死後の世界

聖書は魂の二つの永遠の運命、天国と地獄について教えています。私たちが死ぬとき、魂は神様の最後の審判を待つために肉体を離れます。救われた人は審判の時に天国へ招かれます。神様を拒絶した人は皆地獄へと送られます。そこはサタンとその使いのために造られた燃え盛る炎の底なしの穴です。進んで罪の中で生きてなくても、イエス様の声に従わなかった人は誰でも、希望なく永遠に焼き尽くされるのです。

天国は神様が住まわれる場所です。神様が造られた、完全な平和と安らぎのもっとも美しい場所です。天国ではもう悲しみも痛みも、飢えも乾きもありません。罪を捨てイエス様を救い主として受け入れた全ての人の家です。そこでは救われた人が永遠に神様を誉め歌うのです。

お問い合わせ

小冊子を注文する