荒れ果てた世界で安らぎを得る

Peace

「平安、平安はどこにあるのか?この国に、私の家に、なによりも私の心と思いに?」このどうしようもない悲鳴は何年も聞かれてきました。これはあなたの心の悲鳴でもありませんか?

人々は弱りはて、心配で一杯です。間違いなく導きと助言、安心と確信が必要とされています。安らぎが必要であり、求めているのです。

安らぎ、なんという宝でしょう!この宝物は争いと絶望、騒ぎと苦しみに溢れた世界で見つけることが出来るのでしょうか?

全文を読む: 荒れ果てた世界で安らぎを得る

偉大なる探索を始めましょう!多くの人が名誉や財産、快楽や権力、教養や知識、人間関係や結婚に平安を求めています。頭を知識で満たし、財布を富で満たそうとしても、魂は空っぽのまま。あるいは薬やお酒で現実の人生から逃げようとしますが、求めた平安は手に入りません。まだ空っぽで孤独で、荒れた果てた心で荒れ果てた世界に生きています。

混乱にある人

神様は人を造り、完ぺきな平安、喜び、幸せを楽しむために美しい園に置きました。しかしアダムとエバが神様に逆らった時、罪悪感に襲われました。前は神様と共にいたいと願っていたのに、それから端によって神様から隠れました。それまで知っていた平安と幸せに代わって罪悪感と恐れがやってきました。人の罪が荒れ果てた世界の始まりであり、荒れ果てた心の始まりです。

魂が神様を願い求めていても、私たちの罪深い性質は神様の道に反します。内なる葛藤が緊張と苦痛をもたらします。アダムとエバのように自分の願望や野心で自己中心になると、不安になり苛立ちます。自分に焦点を当てれば当てるほど、苦しくなるのです。人生の不確定さと移り変わり、腐敗する世界によって安心が揺らぎ、平安が乱されてしまいます。

自分では気づかなかったり認めたことはないかもしれませんが、罪があなたの不安の原因であるかもしれません。多くの人が安らぎを求めて外側や物質的なものに求め、荒れた心を荒れた世界のせいにしますが、自分自身の心の中を見ていないのです。

イエス・キリスト、平和の君

自分を造り、理解してくれる方と人生のすべての面での調和しなければ、平安を得ることはできません。これはキリストへの完全な服従によってのみ可能です。イエス様はこの世の主であるだけでなく、私たちの人生の初めから終わりまで知っておられます。「闇と死の陰にあるものを照らし、われらの足を平和の道へと導」くために(ルカ1:79)この世に来られた時、私たちの事を思っていたのです。

イエス様は暗闇に光を、争いに平和を、悲しみに喜びを、絶望に希望を、死に命を与えます。ヨハネの福音書14章27節でイエス様は「わたしは、あなたがたに平安を残します。わたしは、あなたがたにわたしの平安を与えます。…あなたがたは心を騒がしてはなりません。恐れてはなりません。」とおっしゃっています

悔い改めが安らぎをもたらす

罪の重荷が圧し掛かっているのを感じる時、解決策は「あなたがたの罪をぬぐい去っていただくために、悔い改めて、神に立ち返」ることです(使徒3:19)。イエス様はこの最も意義ある、人生を変える体験にあなたを招いています。「すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。」(マタイ11:28)第一ヨハネの手紙1章9節にはこのように約束されています、「もし、私たちが自分の罪を言い表わすなら、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、すべての悪から私たちをきよめてくださいます。」あなたはイエス様の招待に応えますか?

イエス様も下に来るとき、そこには赦しと自由があります。憤りと許さない心に代わって、心に愛と憐みが満ちるのです。イエス様が支配した心であれば、敵を愛することもできます。これはキリストの贖いの血の力によって可能なのです。

神様はいるのか?

Is There a God

神様はいるのか?全宇宙の支配者や超越した存在はいるのか?この問いへの答えは最も重要なものです。なぜならもし、神がいるとして、それをずっと無視していたとすれば、その結果はどんなものでしょう?

答えを求め探している問いがあります。なぜ私はここにいるのか?私はどこから来たのか?死の後はどうなるのか?私の人生の目的は何か?自分の存在には何か理由があるはずだ。

何年もの間、人は自分より大きな何か、誰かをあがめずにはいられないと感じてきました。古代文明には太陽神、月の神、雷神など多くの神がいました。ヨーロッパ人がアメリカ原住民を発見した時、彼らはグレートスピリットを崇めていました。古代ユダヤ国家ではこの地球の創造主であるヤハウェを崇めていました。誰しもに大きな力と繋がる事を求める何かがある事は明らかです。

全文を読む: 神様はいるのか?

自然の調和と均衡はどのように説明できるのか?地上にも水中にもある終わりのない食物連鎖を考えてみても、ある動物は他の動物の糧となり、そしてその動物もまた他の動物に食べられる。この循環はずっと巡り、いつも他の動物のための食べ物がある。

誰が野鳥の頭にカレンダーを仕込んでいつ温かい気候の場所に移るのか分かるのでしょうか?何千マイルも離れた土地からどうやって春がまたやってきたと分かるのでしょうか?それは本能だという人がいるかもしれませんが、では誰がその本能を与えたのでしょうか?

海の魚を考えてみて下さい。鮭が育った海を出て、新たに命が始まる川の流れを見つけるための地図を誰がその脳に入れたのでしょうか?そこで卵を産んですぐに死に、子孫がその先祖と同じ順序を辿ることが出来るように生命の環に場所を作るのです。これらすべてがただ偶然に起きたと本当に思いますか?

私たちは地球と他の色々な星や惑星の回転に従って時計を設定したほど宇宙が秩序正しいものだと知っています。この物体の動きは非常に精密で日食、月食や流星の通過を正確に予想することが出来るほどです。誰が、何がこの宇宙の正確な動きのリズムを造ったのでしょうか?数ある有害な環境の天体の中で地球だけが動植物に必要な要素の組み合わせを持っているのはただの偶然でしょうか?マスタープランがあるはずです!

宇宙、自然、私たちの身体の設計や、一人一人の内的な必要は偉大なる天の神により規則正しく備えられました。過去にも現在にも、いかなる有限の命を持つ人でこのような力を持った人はいません。神様の計画の正確さと精密さは、どれだけ神様が人とその幸せに関心を持っているか表しています。

信仰は見えないものを信じることです。神様を見る事はできませんが、神様の存在を示すものはそこら中にあります。神様は私たちに見えないようにされ、むしろ明らかな証拠によってその存在を受け入れるようにされました。私たちがその存在を受け入れた時に神様は私たちに現れるのです。

神様の存在を証明するものでも最も説得力のあるものは、神様を親しく知った人の人生の中に起きる変化です。ライオンのような気質だった人が羊のようになる。憎しみが愛に変わり、争いが平和に変わり、騒ぎが静かな安らぎに変わり、終わりのない問いが確信に変わり、自己中心的な人が人を思いやる人になる。

読者の皆さんは内側に不安を感じたり、何かを求めているけど、何か分からないと感じていますか?その思いをもみ消したり、隠そうとしないでください。それはあなたの魂が神様を探し求めているのです。この地を造った神様をあなたの神様とすることが出来ます。信仰を持ち、天の神様を信じればあなたの人生も変わります。人生の苦しい境遇に腹を立てるのではなく、神様が見ていて、聞いていて、気にかけているという真実に休まることが出来ます。

神様はその言葉である聖書によってご自分を表されます。聖書は歴史であり、預言であり、人生の取扱説明書です。しかし同時に、神様の私たちへの愛でもあり、魂の内なる必要に導きを与えてくれます。聖書を読んでみてください。創世記1:1とヨハネ1:1-5から始めてみて下さい。詩編23編と51編を読んでみて、神様に祈りましょう。神様はあなたの声聞くと約束しています。

人生の部屋

Room

聖書には「また私は、死んだ人々が、大きい者も、小さい者も御座の前に立っているのを見た。そして、数々の書物が開かれた。また、別の一つの書物も開かれたが、それは、いのちの書であった。死んだ人々は、これらの書物に書きしるされているところに従って、自分の行ないに応じてさばかれた。」(黙示録20:12)と書かれています。これは神様が記録しているという事の証明です。

アメリカのメリーランド州出身のジョシュア・ハリスという若い男性がプエルトリコに滞在している時、ある晩、夢を見ました。神様が、忠実さに欠けていることを咎めてその夢を見せたのだと思いました。この夢によって、イエス・キリストとその血の人生を変える力を思い出しました。あなたにもこれを分かち合いたいと思います。

※※※

(人生の部屋)

全文を読む: 人生の部屋

夢と現の狭間で僕はその部屋を見つけた。インデックス付きのファイルで一杯の壁のほかには、これと言って何もない部屋。図書館にある著者や分野ごとにタイトルをあいうえお順で保管しいる場所のようだった。でもこのファイルは床から天井まで伸びて、縦にも横にも終わりなく続いていて、全然違う見出しがついていた。このファイルの壁に近づくと最初に僕の目を引いたファイルには「好きだった女たち」と書いてあった。開いてカードをめくってみて、すぐに閉じた。そこに書いてあるすべての名前に見覚えがある事に気づいて驚いた。

誰に言われなくても、これが何なのかわかった。このファイルが並んだ虚ろな部屋は自分の人生のむき出しの目録システムだ。人生の大小問わず、すべての行動が、自分の記憶を越えて、詳細に書かれている。

無造作にファイルを開いて中を探り始めると、驚きと興味と共に恐怖が入り混じるのを感じた。喜びと楽しい思い出を呼び起こすものもあれば、激しく恥と後悔に襲われるあまり、誰かに見られていないか振り返るほどのものもあった。「友達」と書かれたファイルの隣に「私が裏切った友たち」と書かれたものがあった。

平凡なものから全くおかしなタイトルまであった。「今まで読んだ本」「今までついた嘘」「誰かを慰めたこと」「笑った冗談」。面白いほど細かいもの:「弟に怒鳴ったこと」。笑えないもの:「親に対して声を潜めてつぶやいたこと」。中身を読むたびに驚いた。思っていたよりもカードが多いものがよくあって、期待していたよりも少ないものもあった。

自分が生きた人生の純然たる量に圧倒された。自分が生きた20年という時間の中でこの何千、もしくは百万にも及ぶかもしれないカードを書く時間などあっただろうか?でもすべてのカードがこれは本当だと証明していた。全て自分の手書きの字で書かれ、自分の署名がされていた。

「今まで聞いた曲」というファイルを引っ張ると、中身を詰めるために膨らんでいるのに気が付いた。カードはきつく綴じられ数メートル続いてやっとファイルの端が見つかった。恥ずかしくて閉じた。音楽の質の問題ではなくて、そのファイルが表す、自分が費やした膨大な時間に恥ずかしくなった。

「みだらな思い」というファイルに来た時、寒気が貫くのを感じた。ほんの少しだけファイルを出して、その量は見ないように、一枚カードを抜いた。その内容の細かさに震えた。そんな瞬間が記録されていたと思うと気分が悪くなった。

突然ほとんど動物的な怒りに駆られて、一つの思いが頭を支配した:「誰にもこれを見られちゃいけない!全部破壊しないと!」狂ったように逆上してファイルを引っ張り出した。もう量は関係ない。全部空にして燃やし尽くさなければ。端から一つのファイルを取って床に叩きつけても、カード一枚として破くことが出来なかった。必死になって一枚のカードを引き抜いてみたが鉄よりも強く、破くことが出来ないことに気づいた。

打ちのめされ、完全になすすべもなく、ファイルを元の場所に戻した。壁にもたれかかり、長い自己憐憫のため息をついた。そして僕は見た。「福音を伝えた人」と書かれたタイトル。取っ手は他のものより明るく、新しく、ほとんど新品だった。取っ手を引き数センチもない小さな箱が手の上に落ちた。入っているカードは片手で数えられるだけだった。

涙が流れた。僕は泣き始めた。お腹から全身を打つ痛みを伴う深い悲しみ。膝をついて泣いた。恥ずかしくて、全部圧倒的な恥ずかしさのあまり泣いた。涙で一杯になった目の前をファイルが詰まった棚が渦巻いていた。誰にも、絶対にこの部屋を知られてはいけない。カギを閉じて、鍵を隠そう。

でも、涙を拭うと、彼を見た。いや、お願いだ、彼だけは。ここだけは。ああ、イエス様にだけは。

イエス様がファイルを開きカードを読むのをどうすることもできず、ただ見るしかなかった。イエス様の反応を見ることが出来なかった。イエス様の顔を何とか見てみると、自分よりも深い悲しみがそこにあった。イエス様は直感的に最悪の箱に手を伸ばした。なんで全部読まないといけないの?

ついにイエス様は部屋の反対側にいる僕の方に振り向いた。イエス様は同情を目に込めて僕を見た。でも、この同情には腹が立たなかった。僕は頭を垂れて、顔を手で覆ってまた泣き始めた。イエス様は歩み寄って手を肩に回してくれた。いくらでも言うことはあっただろう。でも、何も言わなかった。イエス様はただ僕と一緒に泣いてくれた。

そしてイエス様は立ち上がってファイルの壁にまた戻った。部屋の端から始めてファイルを一つ一つ手に取って、すべてのカードの僕の署名の上からイエス様の名前を署名し始めた。

「やめて下さい!」イエス様に駆け寄って叫んだ。イエス様からカードを取って、ただ「やめて、やめて下さい」としか言えなかった。このカードにイエス様の名前があっちゃいけない。でも、ここに書いてある、豊かに真っ赤に、暗く、生き生きと書かれている。イエス様の名前が僕の名前を覆っている。イエス様の血で書かれていた。

イエス様は丁寧にカードを戻し、悲しげな笑みを浮かべてカードに署名をし続けた。どうやってそんなに早くできたのかは分からないけど、次の瞬間には最後のファイルを閉じる音がして、僕の隣まで下がってきた。イエス様は僕の肩に手を置いて「完了した。」と言った。

僕は立ち上がって、イエス様が部屋の外に連れて行ってくれた。扉にカギはなく、まだ白紙のカードがあった。

※※※

神様があなたの人生をどう見ているか考えたことはありますか?イエス様はこう教えています。「人はその口にするあらゆるむだなことばについて、さばきの日には言い開きをしなければなりません。」(マタイ12:36)自分自身に正直であれば、自分の考えと行動において、悲しみと後悔を持って認めることが出来るでしょう。私たちも密かに心に抱いた思いやしてきた行いを思うと恥ずかしくて赤面するでしょう。聖書はローマ書2章16節でこのように言っています。「神のさばきは、神がキリスト・イエスによって人々の隠れたことをさばかれる日に、行なわれるのです。」また使徒ペテロは「あなたがたの罪をぬぐい去っていただくために、悔い改めて、神に立ち返りなさい。」(使徒3:19)と語りました。イエス様はあなたの罪を拭い去ってくれましたか?それともまだ今日も罪に追われていますか?

あなたは自由になりたいですか?過去の思いや行動に押し潰されそうですか?罪は私たちの心と人生の大きな重荷となります。「もし、罪はないと言うなら、私たちは自分を欺いており、真理は私たちのうちにありません。」(第一ヨハネの手紙1:8)「罪から来る報酬は死です。しかし、神の下さる賜物は、私たちの主キリスト・イエスにある永遠のいのちです。」(ローマ6:23)。

イエス様は赦しを与えます。この地に来て全ての罪びとの為に血を流されました。救いの計画は今完成されています。あなたは完全なものになりたいですか?「ですから、もし子があなたがたを自由にするなら、あなたがたはほんとうに自由なのです。」(ヨハネ8:36)。(詩編51編)今、イエス様の下に来て、悔い改め罪を告白するのです!「もし、私たちが自分の罪を言い表わすなら、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、すべての悪から私たちをきよめてくださいます。」(第一ヨハネの手紙1:9)。イエス様との満たされた人生に導かれるために、イエス様を信頼しましょう。毎日の人生の歩みの中でイエス様が道を示してくださいます。

THE ROOM – Copyright 1995
New Attitudes/Joshua Harris.