神様はいるのか?

Is There a God

神様はいるのか?全宇宙の支配者や超越した存在はいるのか?この問いへの答えは最も重要なものです。なぜならもし、神がいるとして、それをずっと無視していたとすれば、その結果はどんなものでしょう?

答えを求め探している問いがあります。なぜ私はここにいるのか?私はどこから来たのか?死の後はどうなるのか?私の人生の目的は何か?自分の存在には何か理由があるはずだ。

何年もの間、人は自分より大きな何か、誰かをあがめずにはいられないと感じてきました。古代文明には太陽神、月の神、雷神など多くの神がいました。ヨーロッパ人がアメリカ原住民を発見した時、彼らはグレートスピリットを崇めていました。古代ユダヤ国家ではこの地球の創造主であるヤハウェを崇めていました。誰しもに大きな力と繋がる事を求める何かがある事は明らかです。

自然の調和と均衡はどのように説明できるのか?地上にも水中にもある終わりのない食物連鎖を考えてみても、ある動物は他の動物の糧となり、そしてその動物もまた他の動物に食べられる。この循環はずっと巡り、いつも他の動物のための食べ物がある。

誰が野鳥の頭にカレンダーを仕込んでいつ温かい気候の場所に移るのか分かるのでしょうか?何千マイルも離れた土地からどうやって春がまたやってきたと分かるのでしょうか?それは本能だという人がいるかもしれませんが、では誰がその本能を与えたのでしょうか?

海の魚を考えてみて下さい。鮭が育った海を出て、新たに命が始まる川の流れを見つけるための地図を誰がその脳に入れたのでしょうか?そこで卵を産んですぐに死に、子孫がその先祖と同じ順序を辿ることが出来るように生命の環に場所を作るのです。これらすべてがただ偶然に起きたと本当に思いますか?

私たちは地球と他の色々な星や惑星の回転に従って時計を設定したほど宇宙が秩序正しいものだと知っています。この物体の動きは非常に精密で日食、月食や流星の通過を正確に予想することが出来るほどです。誰が、何がこの宇宙の正確な動きのリズムを造ったのでしょうか?数ある有害な環境の天体の中で地球だけが動植物に必要な要素の組み合わせを持っているのはただの偶然でしょうか?マスタープランがあるはずです!

宇宙、自然、私たちの身体の設計や、一人一人の内的な必要は偉大なる天の神により規則正しく備えられました。過去にも現在にも、いかなる有限の命を持つ人でこのような力を持った人はいません。神様の計画の正確さと精密さは、どれだけ神様が人とその幸せに関心を持っているか表しています。

信仰は見えないものを信じることです。神様を見る事はできませんが、神様の存在を示すものはそこら中にあります。神様は私たちに見えないようにされ、むしろ明らかな証拠によってその存在を受け入れるようにされました。私たちがその存在を受け入れた時に神様は私たちに現れるのです。

神様の存在を証明するものでも最も説得力のあるものは、神様を親しく知った人の人生の中に起きる変化です。ライオンのような気質だった人が羊のようになる。憎しみが愛に変わり、争いが平和に変わり、騒ぎが静かな安らぎに変わり、終わりのない問いが確信に変わり、自己中心的な人が人を思いやる人になる。

読者の皆さんは内側に不安を感じたり、何かを求めているけど、何か分からないと感じていますか?その思いをもみ消したり、隠そうとしないでください。それはあなたの魂が神様を探し求めているのです。この地を造った神様をあなたの神様とすることが出来ます。信仰を持ち、天の神様を信じればあなたの人生も変わります。人生の苦しい境遇に腹を立てるのではなく、神様が見ていて、聞いていて、気にかけているという真実に休まることが出来ます。

神様はその言葉である聖書によってご自分を表されます。聖書は歴史であり、預言であり、人生の取扱説明書です。しかし同時に、神様の私たちへの愛でもあり、魂の内なる必要に導きを与えてくれます。聖書を読んでみてください。創世記1:1とヨハネ1:1-5から始めてみて下さい。詩編23編と51編を読んでみて、神様に祈りましょう。神様はあなたの声聞くと約束しています。