つまりどういうこと?

What Is It all About?

私は何の心配もなく、幸せに人生をスタートしました。美しい羽根を持った小さな蝶々のようで、見渡す世界は花々のようでした。自分の未来を見渡せば、人生は素晴らしいものに思えました。

価値観が変わるのに時間はかかりませんでした。受け入れてもらうには演じなければいけないと気づき、人生はサーカスのように見えました。未来に向かって差し出された輪っかがあって、もし輪をとび抜ければ受け入れられる。もし、やらなかったら-まあ-みんなはしてますけど。

人生は演技になりました。輪っかを飛び抜け、フットボールチーム、チアリーディングチーム、優等生名簿に入る。良い大学に行いって、単位を取る。やりたくなかった事をしたこともありました。でもみんながしていたのでやり続け、忘れようとした。いい仕事につき、お金をたくさん稼ぐ。適齢期になれば結婚し、適当な数の子どもをもうけ、家を買う。疲れてきた。クラブに入る。古いのじゃなくて、ちゃんとしたクラブに入って、飛んで、飛んで、飛んで。定年、定年の事も考えないといけない、株を売買し、問題に直面し進み続ける。

そして突然、最後の輪の前に立つ。でもそれは丸くなくて、長方形で、地中にある。草が縁まで生えて、ここですべてが終わる。

私にいったい何が起きたんだ?人生こんなはずじゃなかった。小さな蝶々の美しい羽根はどこにいった?花畑はどこに行った?私は本当に幸せだっのだろうか?私の魂は?これがすべてなのか?

“神様、何が起きたんですか?”

“やっと聞いてくれたね”神様は言いました。“おまえを過去に連れていき、どこで間違ったのか、もし私の道を選んでいたら、おまえの人生がどうなっていたのか見せよう”

“おまえが子どもだった時、私は共にいた。すべての子どもは私の覆いの中にいる(マタイ 19:13-14)”美しい羽根を持った小さい蝶々を覚えているか?

幸せで無邪気な日々を思い出した時、心が痛んだ。永遠に失われた日々。

神様は続けました。“自分の選択に責任を持つようになった時が来た。母親とのけんかを覚えているか?ひどい思いをしたが、おまえは間違いを認めようとしなかった。自分の道を行くことを選んだ。”

「私はおまえを止めようとした。お前の親友が亡くなった時の事を覚えているか?おまえが抱いた寂しい感情、それは私がお前に話しかけていたんだ。おまえは心の奥で、正しくない事は分かっていたが、自分が変わることを恐れた。友達がどう思うかを恐れ、私を無視し、私からずっと遠くへ離れた。」

神様の声は寂しさを増し「大学の時を覚えているか?」

「ああ、神様、思い出させないで下さい。忘れようとしているんです。」私は懇願した。

神様は優しく言った。「忘れても罪は片付かない。(伝道の書12:14)求めてれば、喜んでおまえを赦しただろう。しかし、おまえは求めなかった。(第1ヨハネ1:9)おまえはその当時いつも孤独で寂しさを感じていた。それは私がお前を呼んでいたのだ。しかしお前は聞かなかった。その良い仕事に就いた時の事を覚えているか?給料はとても良かったが、お前が思っていたようになったか?(第1テモテ 6:9)」私にしかお前を満たせないとお前に伝えようとしていたのだ。お前はしばらく私の道を行こうか考えてみたが、大変そうだと思い、自分の道に従ったのだ。ああ、もし私の下に来さえすれば、お前が探している-心の平和、家庭の平和、将来についての自信 を与えたのに。(マタイ11:28)

神様は続けた「お前は忙しすぎた。涼しい綺麗な夕方に語りかけようとしたが、お前は聞かなかった。嵐の間、お前の注意をひこうとした。お前が聞いているかもしれないと思ったが、聞いていなかった。聞きさえすれば、お前と妻との間の問題を助けることができたのに。多くの心の傷を避けられたのに」(第1ペテロ 3:7)

「私の知恵を求め、祈りさえすればお前の息子との問題を助けられたのに。今の状況は変わっていただろう。(箴言 29:17) しかし、私に戻るにはお前は忙し過ぎ、賢すぎ、偉すぎた。」

神様は顔をそむけ、言った。「おまえは自分の勝手な気まぐれで人生を無駄にし、今や永遠に失われた。」その時、自分が神様から遠く、遠く離れていくのを感じた。

失われた―永遠に!どういう意味だ?それは神様から離れているという意味―悪魔とその使いの為に用意された苦悩の場所で永遠に。(マタイ13:41-42) しかし、あなたにはこれを変えることができます。自分の人生でなにかが間違っていると分かったら、それを認め、神様に立ち返り、罪を悔い改め、神様に意志を委ねるのです。(使徒 2:37-38) 神様はあなたを愛していて、あなたを赦したいのです。(ヨハネ3:16) 代価は既に支払われています。(ローマ 5:8-11) イエス様はあなたの代わりに十字架で死んだのです。あなたを救うためにイエス様が身代わりとなったのです。心に平安と安息を受け取り、そして最後には天国を受け取ることが出来るのです。 (ヨハネ 14:1-3)

これがその全てです。